« 羽黒山松例祭~松の勧進 | メイン | 明けましておめでとうございます »

2020年12月30日 (水)

年用意

Dsc03459_2

コロナウィルスに右往左往した2020年もあと2日。

例年よりは少なめの積雪でここまできましたが、予報によると、大晦日から元日にかけて数年に一度クラスの寒波が襲来し、日本海側では相当な降雪が見込まれるとか。
移動などの際にはくれぐれもご注意ください。

年末年始、Go To キャンペーンが全国で停止されたこともあり、多聞館でも昼食のツアーや宿泊予約のキャンセルが相次ぎました。

とはいえ、リピーター様を中心に大晦日は満室のご予約をいただくなど、おかげさまでそれなりに忙しく年の瀬を過ごしております。

Dsc03457

そのような通常業務に加えて、今日30日は恒例の「餅つき」を行いました。

多聞館では正月飾りの鏡餅に加え、元旦のお客様に雑煮としてお出しする丸餅も自前で用意しています。

Dsc03458

例年の半分ほどの量ですが、三度に分けて機械で撞き上げ、丸めました。

合わせて厨房では当地の正月料理の下準備も進められました。

Dsc03460

また、玄関や館内の松飾や床の間の掛け軸の交換なども例年通りに行いました。

Dsc03462

さらに明日からの降雪に備えて、館内各所に「補助柱」も設置しました。これは、雪の重みで建具が動かなくなるのを防ぐために建物の柱と柱の間に仮の柱を立てるものです。経験的に、雪の重みが影響すると分かっている場所を選んで立てますが、それでも建具がきつくなって開かなくなれば雪下ろしのハザードランプ点灯です。

Dsc03475

こんなことをあれこれしている間に、外では予報どおり、暴風雪が吹き荒れ、羽黒の冬らしくなってきました。
今夜の「年取り」ではお客様と同じく、「納豆汁」で温まろうと思います。

Dsc03466

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック