2017年4月12日 (水)

羽黒一小入学式

Sdsc01220

4月11日(火)、鶴岡市立羽黒第一小学校の入学式が行われました。

新入生は、男子5名、上司7名の計12名。

皆、笑顔いっぱいで式に臨んでいました。

来春には廃校が決まっている羽黒一小にとっては、144回目、最後の新入生です。

毎日、元気いっぱいに楽しく学校生活を送ってほしいと願っております。

Sdsc01221

 

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年4月 6日 (木)

雛納め

Dscn4445

2月の下旬から展示していた多聞館のお雛様。

4月5日を持って公開を終了し、本日、雛納めを行いました。

Dscn4449

期間中には、ご宿泊や御昼食で多聞館にお越しいただいたお客様にご覧いただいたほか、多くの一般の方々にもご覧いただきました。

特に今年は、インバウンドツアーでお越しになった韓国、台湾、タイのお客様をはじめ、たくさんの外国人の方々にもご覧いただきました。
SNSなどを通じて、外国のどこかで多聞館のお雛様を見てくださった方もいらっしゃったかもしれません。

来年も今年と同じ時期にお雛様を展示する予定です。

どうぞご期待ください。

Sdsc01219

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年3月18日 (土)

羽黒第一小学校卒業式

Sdsc01210

3月17日(金)、地元の鶴岡市立第一小学校の卒業式が行われました。

卒業生は3名。

東日本大震災の災禍に日本中が怯えていた中、4名で入学してきた児童たち。

途中から3名になり、複式学級を経験し、修学旅行は地域の大人たちに混じって新島へ。

いろんな意味で大変だっただろうし、その分得難い体験を積んでもきたことでしょう。

それぞれが語った夢に向かって、これからも力強く歩んで行くことを祈っております。

Sdsc01212

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年2月28日 (火)

お雛様展示中!

Sdsc01170

多聞館では本日(2月28日)より、所蔵の雛人形の展示を始めました。

明治の「押絵雛」、大正の「古今雛」、昭和の「現代雛」をはじめ、木目込み人形や博多人形、武者人形など、さまざまな人形を一緒に展示しております。
合わせて、錦絵の屏風も飾っております。

展示は4月5日(水)までです。

見学は無料です。

Sdsc01171

期間中は、期間限定のお雛御膳(¥2000/2名様~要予約)や、自家製の甘酒または抹茶と茶菓のセット(¥300)も用意しております。

どうぞ、お誘い合わせておいでください。お待ち申し上げております。

Sdsc01172

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年1月14日 (土)

寒波襲来

Sdsc01087

七草を過ぎても雪の積もらない気候に、多少の不安を抱いておりましたが・・・。

心配なくドカ雪が降りました。

今日は気温も終日氷点下。大寒波の襲来です。

Sdsc01089

昨日の朝は膝ほど(40センチ程度)、今朝は股くらい(60センチほど)の雪が新たに積もりました。

今朝は、玄関、駐車場などの除雪に2時間ほどもかかってしまいました。

この寒波は明日も居座るようで、ここ手向でも早いところでは屋根の雪下ろしも始まるかもしれません。

とはいえ、これが雪国の冬の日常。

嘆きつつ、ぼやきつつ、天気予報に一喜一憂しながら、日々雪と向かい合う日が続きます。

雪国の皆さん、頑張りましょう!

Sdsc01085

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年1月 1日 (日)

羽黒山松例祭2016

Sdsc00981

皆様、あけましておめでとうございます。

羽黒の里より、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

Sdsc01005

大晦日から元旦にかけて行われた羽黒山松例祭(国指定重要無形民俗文化財)は、最低限の積雪と、穏やかな天候に恵まれ、無事終了しました。

Sdsc01004

私も若者頭の一人として参加させていただきましたが、前年までの反省を生かして向上したこともあれば、来年への反省を残すこともあり・・・。松例祭はこれに関わる多くの人たちによるこのような繰り返しの中で長い年月受け継がれてきた祭りなのだ、ということを改めて感じております。

Sdsc01010

Sdsc01040

Sdsc01060

Sdsc01065

百日間の行(羽黒山冬の峰)の満願を迎えた位上・先途の両松聖も、補屋(しつらえや)での長い一日の最後に、、百日間祈り続けた「興屋聖」の中の五穀を土間にまく「昇神祭」、さらに精進落しの「鯡のすし」を経て、若者頭らとともに羽黒山の参道を駆け下りるようにしてそれぞれの自宅へと戻られました。

Sdsc01070_2

Sdsc01072

元日は早朝から、羽黒山の門前町手向(とうげ)の各所で、松例祭でいただいた引き綱を折りたたみ、軒に掲げる作業が若者たちによって行われていました。

もちろん、若者たちはその後、反省会・慰労会という酒宴で盛り上がったことでしょう。

そのような松例祭関連の行事は1月4日まで続きます。

松例祭を中心に年が暮れ、年が開ける。昔ながらの手向の光景です。

松例祭に関わられたすべての皆様、ご苦労様でした。

Sdsc01075

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2016年12月31日 (土)

羽黒山松例祭~大松明まるき2016

Sdsc00958

あす大晦日の羽黒山松例祭を前に、今日12月30日は大松明まるきが行われました。

早朝、上町、下町の若者たちが羽黒山の斎館に集まり、位上、先途の両松聖による神事の後、

大松明作りの作業を行いました。

Sdsc00948

はじめに、斎館内に並べられた綱、網、簾など、大松明の部材を山上に担ぎ上げました。

それらの部材を用いながら、夕方までに、上町、下町それぞれに立派な大松明を作り上げました。

Sdsc00977

その後、松聖を迎えて、松の礼、榊供養と呼ばれる神事も行われました。

Sdsc00985

明日の松例祭の舞台となる羽黒山山頂は、程よい雪に覆われ、各所に照明も備えられて、絶好の条件が整いました。

若者たちが詰めている「補屋(しつらえや)」では、お酒やおにぎり(親玉)の振る舞いも行われます。

どうぞ、多くの皆様のお越しをお待ち申し上げております。

松例祭の詳細については→こちら

Sdsc00976

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2016年12月25日 (日)

羽黒山松例祭~網漉き行事2016

Sdsc00928

今日12月25日、羽黒山山内の斎館において、羽黒山松例祭の網漉き行事が行われました。

早朝、上町・下町の若者頭たちが斎館に参集し、松聖による神事の後、網と簾を作る作業を行いました。

この網と簾は、12月30日に羽黒山山頂で作られるツツガムシを模った大松明の重要なパーツとなるものです。

Sdsc00931

昼食をはさんだ一日がかりの作業で、上町、下町それぞれに伝承の技を駆使して、満足いく網と簾を完成させました。

羽黒山山頂にはまだ、ほとんど積雪がなくちょっと心配ですが、きっと松例祭本番までには不足ない雪が積もるのでしょう。

Sdsc00920

国の重要無形民俗文化財にも指定されている羽黒山松例祭に、ぜひ、多くの多くの皆様のお越しをお待ちしております。

Sdsc00932

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2016年12月21日 (水)

冬至かぼちゃ

Simg_5624

きょう12月21日は冬至。

なぜか明日だとばかり思い込んでいたのですが、女将が冬至かぼちゃを煮ているのを見て、初めて今日だったのだと気づきました。

冬至は一年で一番日の短い日。そう聞くとなんだかパワーが落ちそうな感じもしますが、逆に考えれば、明日からは日一日と日が長くなっていくということ。今日はその始まりともいえます。

かぼちゃと小豆を甘く煮込んだ「冬至かぼちゃ」は風邪の予防や厄除けに効くということで、昔から冬至に食されてきました。

多聞館では、本日ご宿泊のお客様にも召し上がっていただきました。

今年の冬は(今のところ)暖冬で、多聞館の冬支度も延ばし延ばしになっていましたが、ようやく今日で、雪囲いやら外回りの片づけやらがすべて終わりました。

これからは館内の大掃除や正月の準備、そして何よりも大晦日の松例祭に向けた準備に忙しくなります。
インフルエンザも流行ってきました。冬至かぼちゃを食べて、体調管理に気をつけなければ、とあらためて気を引き締めた冬至でした。

Cimg1461

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2016年11月19日 (土)

日本遺産シンポジウムin山形 11月26日(土)開催 

Simg015

今年4月に、出羽三山の「自然と信仰が息づく『生まれかわりの旅』」が、文化庁の日本遺産に認定されました。

これを契機にして、出羽三山地域の魅力を再認識するとともに、出羽三山地域のさまざまな資源の活用や日本遺産認定を生かした観光振興や地域活性化について考えるシンポジウムが開催されます。

〈日時〉

平成28年11月26日(土) 13時~16時20分(開場12時)

〈会 場〉

いでは文化記念館 レクチャーホール

(鶴岡市羽黒町手向院主南72/0235-62-4727)

〈内 容〉

◆オープニングセレモニー 13:00~

 岩根沢太々神楽(西川町)

◆基調講演 「日本遺産を活かした地域活性化について」 13:35~

  ○講師 : 稲葉 信子氏 (日本遺産審査委員会委員長)

 

◆パネルディスカッション 14:50~

  「日本遺産を活用して地域でできること

  ~出羽三山の魅力を再発見!未来に向けて語ろう~」

○コーディネーター:小林 好雄氏(株式会社出羽庄内地域デザイン代表取締役)

○パネリスト:田中 康成氏(文化庁文化財部記念物課課長補佐)、

               春山 進氏(庄内民俗学会代表幹事)、

               佐藤 真美氏(山新観光株式会社営業一部部長)、

               星野 文紘氏(羽黒山伏・「大聖坊」十三代目)、

               土岐 彰氏(出羽三山精進料理プロジェクト代表・「多聞館」館主)、

               エバレット ケネディ ブラウン氏(写真家)

○アドバイザー : 稲葉 信子氏

事前申込が必要です。詳細は→こちら

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

Simg016

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

最近のトラックバック