2021年11月30日 (火)

雪囲い

Dsc06149

昨日、今日の2日間、雪囲い作業を行いました。

最近珍しい青空の下、毎年お世話になっている月山佛生池小屋の工藤さんといっしょに、多聞館の建物をぐるっと囲っていきました。

Dsc00892

今年は秋以降結構気温が高く、冬の到来をあまり感じられずにいたために、例年よりも遅い作業開始となりました。

まだ3割ほどの作業が残っていますが、これからしばらくは雨の天気が続きそうなので、完成してホッとするのはもうしばらく先のことになりそうです。完成前に雪にならなければいいのですが・・・。

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

 

2021年11月22日 (月)

水路工事終わる

Dsc06059

10月初めから多聞館の前の道路を片側交互通行にして行われていた水路工事がようやく先週までに終了しました。水路を通っていた水道管を移設したり、電柱を移動したり、路線バスの経路を変更しての大がかりな工事でした。

Dsc06115

工事の最後には何度も掘り返しと埋め戻しを繰り返した道路の舗装工事が行われ、現場事務所のプレハブやトイレも撤去されました。

Dsc06117

日々、重機などを使って様々な工程を積み重ねていく工事の様子を二階などから垣間見るのは新鮮で興味深いものでした。すべて終わって何もなくなった現場を見ると、ちょっと寂しさも感じます。

Dsc06118

道路下の水路が拡幅されたおかげで、水の流れが速まったように感じます。

今週は大雨の予報も出ていますが、水路の増水などが工事の結果どのよう程度改善されたのか、確かめられるかもしれません。

工事期間中、様々なご不便があったかと思います。ご協力ありがとうございました。

Dsc06121_2

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

 

2021年10月 4日 (月)

水路工事始まる

Dsc06048

多聞館のすぐ前の道路の下を通っている水路の拡幅工事が始まりました。

この水路は以前から豪雨の際にあふれて、近隣の住宅で床下や床上への浸水も生じていて、抜本的な冠水対策工事が待たれていました。

Dsc_2032_2

昔は滅多に起こらなかった水害が毎年のように起こるようになったのは、この水路だけの問題でなく、地球規模の気候変動や上流の土地利用の変化など様々な要因があると考えられます。

ただ、この水路が道路の下でぐっと狭まっているのは間違いなく、今回の拡幅工事で大幅に改善されることが期待されます。

Dsc06057

先月から事務所プレハブなどを設置したり、工事の妨げになる電柱や水道管の移設などが行われていましたが、いよいよ今日から本格的な水路工事が始まりました。

Dsc06053

工事期間はおよそ一ヶ月で、その間は終日片側交互通行になります。

多聞館ご利用のお客さまには誘導員の指示に従ってご通行、ご駐車いただきますようにお願い申し上げます。

また、工事の時間が8:00~17:00となっており、お客さまのご滞在と重なる時間帯もありうるかと思います。工事の騒音や通行のご不便などご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

Dsc06051

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

 

2021年9月26日 (日)

ワクチン接種完了

Dsc03344

昨日、多聞館の館主と女将が2回目のコロナワクチン接種を済ませました。

腕が痛く、なんだかだるくて頭痛もありますが、二日酔いに比べれば全く問題ないので、通常業務に当たっております。

これで、パートさんを含め、多聞館のすべてのスタッフのワクチン接種が完了しました。

お客さまの中にも二度の接種が終わったから安心して旅行に来ました、という方が多いのですが、最近では時間経過による抗体の減少や、ブレイクスー感染の危険なども報道されていて油断ならない状況は続いているようです。

当館でも引き続き、ガイドラインに沿った感染症対策に取組んで参りますので、お客さまにもご理解とご協力をお願いいたします。

Dsc03348

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

 

2021年9月21日 (火)

庭木の剪定

Dsc03783

秋晴れの今日、業者さんに依頼して庭木の剪定を行いました。

作業に当たったのはいつもの野口造園さんです。

Dsc03794

手際よく松2本、紅葉2本、そのほかツツジやヒバ、ヤツデ、サンショ、アオキバなどを剪定してくれました。

Dsc03792

今回はそのほかに,雪下ろしの妨げになっていた裏手の紅葉2本も大胆にカットしてもらいました。

Dsc03790

Dsc03796

夏の強い日差しを遮ってくれていた木々もスッキリと手入れされて、ホッとしているようです。

Dsc03797

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2021年8月31日 (火)

秋の気配

Cimg5130

梅雨明けの日以来のブログの更新となってしまいました。

本来なら今日は羽黒山山頂で八朔祭・柴燈祭が催行されるのですが、コロナ禍のため今年は静かなお山となっています。

Dsc03770

ただ、羽黒派修験道の「秋の峰」を催行されていた正善院(荒澤寺)の住職様と副住職様が法螺をならしながら下っていきました。

Cimg5566


7月1日に開山祭が行われた月山本宮は、今日8月31日で閉山となりました。

八合目の中の宮(御田ヶ原神社)は9月23日まで開いているそうです。

そのほか、

1.月山 頂上小屋 9月20日まで営業

2.月山 佛生池小屋(9合目) 9月26日まで営業

3.月山レストハウス 10月10日 15:30で営業終了 

ということです(羽黒町観光協会HPより転記)。

Cimg5527

これからの月山は一気に秋が深まり、紅葉が山頂からかけ下りてきます。

夏山とは違った魅力いっぱいの秋の月山にどうぞお越しください。

Cimg5514

(月山の紅葉)

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2021年7月16日 (金)

梅雨明け

Cimg4015

気象庁が16日、山形県を含む南東北地方の梅雨明けを宣言しました。

平年より8日、昨年よりは17日も早いそうです。

関東・甲信、東北北部地方も同時の梅雨明け宣言です。

いよいよ夏山本番。新型コロナワクチンの接種も進んでおり、徐々に出羽三山も賑わいを取り戻していくことでしょう。

皆様、どうぞお気をつけて、お越しください。

Cimg4280

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2021年6月24日 (木)

手向宿坊街⇔月山八合目「相乗り・貸切りタクシー」のおしらせ

Img025_2

出羽三山精進料理プロジェクト参画の宿泊施設(下の地図参照)にご宿泊いただいたお客様を、宿から月山八合目(弥陀ヶ原)へ、または月山八合目(弥陀ヶ原)から宿まで運ぶ「相乗り・貸切りタクシー」を、多聞館ご宿泊のお客様にもご利用いただけます。

運行日は7・8・9月のうち、庄内交通の路線バス運行のない日(全40日間)です(上のチラシのカレンダーに黄色で示した日です)。

発着時間は、上りが当館(手向宿坊街)発7:30、下りが月山八合目発16:00です。

1泊につき1乗車(片道)をご利用いただけます。

料金は2名様以上でお申し込みの場合は1名様につき2,500円(税込み)、1名様でお申し込みの場合は4,000円(税込み)です。

相乗り・定刻での運行が原則ですが、お申し込み状況により、可能であれば柔軟に対応いたしますのでご相談ください。

当館スタッフに、ご利用前日の18:00まで乗車料金を添えてお申し込みください(現金のみ)。

当館と月山八合目(弥陀ヶ原)をつなぐ二次交通として、どうぞご利用ください。

Img026_2

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2021年6月19日 (土)

梅雨入り

本日6月19日、東北地方の梅雨入りが発表されました。

山形県の梅雨入りは平年より7日遅く、昨年よりは8日遅いとのことです。

この地域ではこのところ、雨が少なく、気温が高めの日が多かったのですし、今後の予報も雨の日は少ないようです。

大地を潤すためにも、ほどほどの雨が欲しいところです。

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2021年6月 7日 (月)

聖火リレー

Dsc03597

東京2020オリンピックの聖火リレーは本日、山形県二日目。

いよいよ当地にやってきました。

重要文化財の黄金堂前を出発した聖火は次々にリレーされ、多聞館前に。

あっという間にトーチキスを交わして次に向かって行きました。

Dsc03596

終点となる随神門前では到着前に羽黒太鼓の披露や市長さんの挨拶などがありました。

到着した聖火は羽黒山伏のホラ貝の音で迎えられ、記念写真を撮って終了となりました。

Dsc03610

新型コロナ感染予防の観点から、全体に押さえたムードだったので、あっけなかったなあ、という印象でしたが、それなりの高揚感は味わうことができました。

吟行句会の途中で一緒に見学した俳句仲間の方々も、いい冥土の土産ができたと喜んでいました。

ランナーをはじめ、多くの関係者の皆様、ご苦労様でした。

Dsc03598

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

最近のトラックバック