2019年4月 5日 (金)

雛納め

Sdsc02306

2月の末から飾っていた多聞館の雛人形。

4月4日をもって展示を終了いたしました。

期間中は多くのお客様、とりわけ今年は外国からのお客様に多くご覧頂きました。

日本に何度かいらっしゃっている外国のお客様でも雛人形をご覧になるのが始めてだったり、見たことはあるけれどもその意味を知らなかったり、ということも多く、皆さん大いに興味を持ってご覧いただいたようでした。

異文化交流にも貢献してくれた雛人形の労をねぎらいながら、丁寧に箱に納めました。

来春も同じ時期に展示する予定です。その節にはぜひまた、ご覧ください。

Sdsc02308

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2019年3月27日 (水)

町歩き案内板

Sdsc02296 

多聞館の駐車場の入口に町歩きの案内板が立ちました。

鶴岡市が、羽黒山の門前町手向(とうげ)の街中を散策されるお客様にむけて、手向地域内数箇所に立てた案内板のひとつです。 

Sdsc02297

かつては「講中」とよばれる特定のお客様が、決まった宿坊を目指して手向の中を歩くことはあっても、一般のお客様が歩くことは少なかったと思われます。
その名残りか、町中を散策されるお客様が増えた近時にあっても、案内板などは極めて少なく、「観光地」としてはちょっと不親切の感が否めませんでした。

Sdsc02301

 

手向地域内では国の歴史的風致維持向上計画に基づく支援を受けながら、町並み景観の整備が行われています。羽黒山に訪れたお客様に、ぜひ、門前町の宿坊街を散策していただこうということで、宿坊や個人宅でも整備が行われています。 

Sdsc02302

 

手向を訪れるお客様にはぜひ、手向の町歩きを通して、羽黒山・出羽三山とともに生きその信仰と文化を支えてきた手向の「歴史」と「今」に触れることで、旅の思い出を深めていただきたいと思います。 

Sdsc02303

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2019年2月27日 (水)

お雛様飾りました

Sdsc02274

本日2月27日(水)、多聞館では所蔵の雛人形を飾りました。

明治の押絵雛、大正の古今雛、昭和の現代雛

さらに木目込み人形や博多人形などもにぎやかに飾っております。

雛飾りの回りには錦絵や日本画の屏風なども飾っております。

Sdsc02275

展示は4月3日(水)までの予定です。

見学は無料です。

期間中は自家製の甘酒または抹茶と茶菓のセットを¥500にて提供いたします。

また、お雛御膳(¥2160)のご予約も2名様より承っております(2日前まで)

どうぞお誘い合わせてご来館ください。

Sdsc02280

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2019年2月15日 (金)

雪下ろし

Sdsc02254

今日2月15日、多聞館では屋根の雪下ろしを行いました。

暖冬の今年は雪下ろしをせずに済むかも・・・との思いは甘かったようです。

例年、決まった場所の障子や襖がきつくなれば下ろし時のサインなのですが、ここ最近、にわかにそのサインが出始めていました。

Sdsc02255

今日は初めての方3人を含む6人の職人さんが来て、手際よく作業を完了してくれました。

きつくなっていた建具は、するする動くようになりました。

来週は気温も上がるようです。
もう雪の心配はなさそうで、一安心です。

職人の皆さん、ご苦労様でした。

Sdsc02260

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2019年2月 5日 (火)

障子の張り替え

Sdsc02242

今年の羽黒は暖冬で、多聞館ではまだ屋根の雪下ろしを予定していません。ここ数日は朝の除雪作業さえせずに済んでいます。

ということで、ちょっと時間と体に余裕ができたので、客室の障子の張替えを行いました。

Sdsc02234

障子は消耗品。

ハンガーを落としたり、リュックをぶつけたり、手掛けから指が外れたり・・・。

その都度、切り張りで対処していますが、それが積み重なってみっともないと感じたときには大急ぎで丸ごと張り替えています。

そんなふうにして不定期に張り替えているのですが、時には部屋ごとまとめて張り替えます。

Sdsc02240_2

比較的時間に余裕のあるときの作業なので、障子の枠や桟の掃除も丁寧にできます。

Sdsc02238

古い紙や糊を丁寧にをはがしたり、刷毛で薄く均一に糊をつけたり、カッターでまっすぐに切ったりという地道な作業に集中していると、頭の中が空っぽになって、いい瞑想になるようです。

Sdsc02245_2

昨日と今日で気になっていた3部屋分12枚を張り替えました。

このまま暖冬が続くようなら、暇を見て他の部屋も徐々に張り替えていこうと思っています。

Sdsc02246

Sdsc02244

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2019年1月16日 (水)

1/26(土) 江戸川寒鱈まつりに参加します

Vcm_s_kf_repr_605x856_2

戦時中に学童疎開を受け入れたご縁で鶴岡市と江戸川区は友好都市の関係を結んでいます。そんな関係で鶴岡市東京事務所「鶴岡江戸屋敷」は江戸川区西葛西の閑静な住宅街にあります。

その江戸川区の冬の恒例になっているイベント「寒鱈祭り」が今年も1月26日(土)に都営新宿線船堀駅前広場で開催されます。

Sdsc00456_2

鶴岡・庄内のソールフードとも言うべき「寒鱈汁」(一杯600円)を1200食用意するとともに、鶴岡の味覚を伝える数々の店舗が出店します。

Sdsc00467

多聞館が参画する出羽三山精進料理プロジェクトでも、鶴岡市羽黒町観光協会さんと一緒に観光PRを兼ねて、出店いたします。メインの商品は特製のごま豆腐と、羽黒の地酒です。
毎年、多くのお客様にお越しいただき、出羽三山のこと、故郷手向(とうげ)のこと、山伏のこと、ごま豆腐のこと・・・。色々と楽しくお話をさせていただいております。
今年も多くの皆様とお会いできることを楽しみにしております。

日時 平成31年1月26日(土)10時から15時
場所 TOKIビル前広場(都営新宿線船堀駅前)

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

Sdsc02225

明けましておめでとうございます。
新しい年が皆様にとって幸多い年となりますことを祈念申し上げます。

大晦日は例年通り、羽黒山山頂での松例祭に奉仕してまいりました。

Sdsc02214

とはいえ、若者頭を卒業した身ですので、夕方から山に上り、大松明を引き、引き綱と一緒に山を下りてきました。立場が変わると祭りへの関わり方がこんなにも変わるものなのだなあ、と改めて実感しました。

Sdsc02218

祭りの担い手の減少をはじめ、松例祭を取り巻く環境は年々厳しくなっていますが、手向内外の人々の知恵と力を合わせて、これからも継承していって欲しいと願っております。

Sdsc02197

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年11月29日 (木)

雪囲い

Sdsc02156

今週月曜日から3日間をかけて、多聞館の雪囲いを行いました。

Sdsc02154

月山佛生池小屋(清源坊)の工藤さんと二人で、建物や庭木などが雪で傷まないように、しっかりと囲いを施しました。工藤さんと作業するようになって3年目。すっかり慣れた様子で、ほとんど任せています。感謝、感謝。

Sdsc02162

今年の冬は比較的温かく始まっていて、初雪も平年より5日遅い11月23日、しかもほんの少し降っただけでした。初雪からドカ雪だった去年とは大違いです。

とはいえ、冬は始まったばかり。どんな気候になっても慌てることのないように、しっかりと備えて行きたいものです。

Sdsc02159

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年11月15日 (木)

松の勧進始まる

Simg_5831

大晦日から元旦にかけて羽黒山山頂で開催される松例祭。
そのための浄財を募る「松の勧進」が今日から始まりました。

初日の今日は、位上・先途の両松聖が小聖を従えて、手向内の末社などを参拝しました。

Simg_5834

今年の松聖は位上が田村さん、先途が太田さんです。

すでに百日行も後半に入っておりますが、お二人とも元気なご様子で声を掛けていってくださいました。

Simg_5829

同時に、羽黒山伏達が法螺貝を吹き鳴らしながら手向の家々を回り、お札を配りながら、浄財を集めて回りました。

この松の勧進はこれから暮れにかけて、庄内一円で行われます。

庄内在住の皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます。

Simg_5713

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年11月 3日 (土)

羽黒山松例祭~大松明まるき練習

Scimg5505

大晦日から元旦にかけて羽黒山山頂で行われる羽黒山松例祭。
そのクライマックスは、ツツガムシを模した大松明を位上・先途の二手に分かれて引き出して焚き上げる「大松明引き」です。この大松明に関わる一連の行事は国の重要無形民俗文化財にも指定されています(→文化庁)。

今日はその大松明作りの練習が行われました。

Sdsc02103

上町の若者達が当館の駐車場に集まり、藁、萱、縄などを用いて、長年にわたって伝えられてきた作法に従って大松明(本番の縮小版)を作り上げました。
完成後には当番町(桜小路)の若者頭の先導により、松例祭の作業の安全・無事成功が祈願されました。

Sdsc02107

祭りに参加できる若者は年々減少しており、今日集まった若者も例年になく少なかったように感じました。そんな中、今年からは、氏子会の尽力により手向地区以外から祭りの担い手を募っていくことが計画されています。祭りの本質は維持しつつも、やむを得ない変革を受け入れながら、祭りの存続が図られていくことになるのでしょう。
一OB、一氏子として松例祭の行く末を見守っていきたいと思います。

Sdsc02110

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

最近のトラックバック