2018年3月12日 (月)

「旅の手帳」4月号に掲載していただきました

Sdsc01762_2

交通新聞社さん発行の旅行系情報誌「旅の手帳」4月号に、多聞館の記事を掲載していただきました。

「時代の宿」という特集の中で、「精進料理が伝わる羽黒山の元宿坊」というタイトルで見開き2ページに渡ってご紹介いただいております。

「旅の手帳」4月号を手にしながら、取材に当たってくださった内田晃さんとご一緒した楽しい時間を思い出しております。

春の旅心を誘う素敵な一冊です。

ぜひ、手にとってご覧ください。

Sdsc01768

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年2月28日 (水)

おひな様展示中です。

Cimg175350

多聞館では本日(2月28日)より、所蔵の雛人形の展示を始めました。

明治の「押絵雛」、大正の「古今雛」、昭和の「現代雛」をはじめ、木目込み人形や博多人形、武者人形など、さまざまな人形を一緒に展示しております。
合わせて、錦絵の屏風も飾っております。

展示は4月4日(水)までです。

Cimg178250

期間中は、お雛御膳(¥2000/2名様~2日前まで要予約)や、自家製の甘酒(または抹茶)と茶菓のセット(¥300)の提供も行います。

どうぞご利用ください。

S100cimg1772

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年2月17日 (土)

Booking.comクチコミアワード受賞しました

Sdsc01728 

多聞館では、このたび宿泊予約サイトのBooking.com様より、「クチコミアワード2017」を頂戴しました。これはお客様から高評価をいただいた施設に対してbooking.com様が授与するものです。

ご利用いただいたお客様から、昨年に続いて10点中9.1点という総合評価をいただいたことが受賞につながりました。心より感謝申し上げますとともに、今後も心を尽くしたおもてなしを心がけていきたいと思います。

Booking.comでの多聞館のページは →こちら

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年2月11日 (日)

竹の露さん~酒造環境研究会

Sdsc01714
昨年に引き続き、地元羽黒の酒蔵「竹の露」さんの「酒蔵環境研究会」にご利用いただきました。

会場には、竹の露さんの銘酒ブランド「白露垂珠(はくろすいしゅ)」の25品種が出品され、参加者皆さんが酔いしれました。

Sdsc01720 当館では、ご注文の寒鱈汁や鱈子の醤油漬けを含む郷土料理でお迎えいたしました。
昨年も参加された方も多くいらっしゃいました。会は昨年以上に盛り上がり、二次会も遅くまでにぎわったようです。
「美味しい酒は人を結びつけ、人を幸せにする」と言う言葉を実感した一夜でした。

Sdsc01717

竹の露の相澤ご夫妻、参加された皆様、ありがとうございました。

27654772_1662298983869437_3960147_2

 

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年2月 5日 (月)

雪下ろし

Sdsc01687

多聞館では今日、屋根の雪下ろしを行いました。

去年は降雪が少なくやらずに済んだので二年ぶりの雪下ろしです。

屋根には背丈ほども雪が積もっていましたが、四人の職人さんが手際よく夕方までに全ての屋根の雪を下ろしてくれました。

多聞館の1階部分はほとんど雪室状態になりましたが、屋根が軽くなってほっとしています。

Sdsc01697

職人さんたちのところには、早くも二度目の雪下ろしの依頼も入ってきているそうです。

今週もしばらくは大雪の予報が続いています。

きのう4日は立春でしたが、それは暦の上でのこと。

雪国の春はまだまだ先のようです。

Sdsc01699_2

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年1月29日 (月)

冬、本番

Sdsc01661

鶴岡市の友好都市である東京都江戸川区で27日(土)に開催された「江戸川寒鱈まつり」。

何十年ぶりとかいう低温と強風の中、何とか用意したごま豆腐を売り切ることができました。
出羽三山精進料理プロジェクトとしては4回目の参加となりましたが、顔を覚えてくださっているお客様や、ごま豆腐や販売商品を楽しみにしてお越しになったというお客様もいらっしゃり、暴風雪の中、上京した甲斐がありました。

Sdsc01662

軽くなった荷物をトラックに積み込んだ後は、浅草の商業施設でプロジェクトの研修を行い、そのまま慰労と懇親の宴へ。

いつもながら、楽しくにぎやかな時間を過ごしました。

Sdsc01663

翌28日(日)、山形市内での「日本遺産シンポジウム」に参加し、2日半ぶりに手向(とうげ)に帰ってみると・・・

Sdsc01671

かなりヘビーな雪景色になっていました。

今日の午前中、駐車場の除雪をしましたが、2時間たっぷりかかってしまいました。

そろそろ屋根の雪もおろし時です。

Sdsc01669

雪と真正面から向かい合う日々。雪国の冬本番です。
雪国の皆さん、頑張りましょう!

Sdsc01666

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2018年1月22日 (月)

お誘い~出羽三山精進料理プロジェクトより3件

昨秋11月15日の投稿「松の勧進はじまる」以来、2ヶ月以上ぶりの更新となりました。

怠惰以外の何ものでもありません。お詫び申し上げるとともに、今後はより積極的な情報発信を心がけるように肝に銘じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ=お誘いを3件。

①まずは、恒例の東京江戸川での「寒鱈まつり」出展のお知らせです。

「江戸川寒鱈まつり2018」の画像検索結果

1月27日(土)10:00~ 都営新宿線・船堀駅前広場において開催される「寒鱈まつり」に出羽三山精進料理プロジェクトも出展いたします。

手作りのごま豆腐(限定200個)をメインに、地酒、郷土みやげ品などを多数取り揃えて多くの皆様のお越しをお待ちしております。出羽三山精進料理プロジェクトメンバー(含・山伏)総勢10名で参加いたします。ぜひ、お気軽にお声掛けください!

 

②次に「日本遺産シンポジウムin山形」の開催のお知らせです。

1月28日(日)13:30~ 山形ビッグウィングにおいて、「日本遺産シンポジウムin山形」が開催されます。

昨年度の地元羽黒でのシンポジウムに続いての第2弾!
県都山形市において「出羽三山の歴史と未来を語」ります。

出羽三山精進料理プロジェクトから、代表の土岐がパネリストとして参加いたします。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

※参加にはが事前申込み必要です。

 〈お問い合わせ・お申込みは〉

(株)出羽庄内地域デザイン TEL.0800-800-0806  FAX.0235-64-0918 

                                 Eメール info@cradle-ds.jp  まで

③さらにもうひとつ。

出羽三山地域にお住まいの高校生、大学生を対象にした「出羽三山精進料理・伝承承継ワークショップ」が、2月3日(土)11:00~羽黒山門前旅館「多聞館」において開催されます。

出羽三山精進料理メンバーと一緒に、精進料理をいただきながら、出羽三山精進料理について学び、今後の発展、情報発信等について考えていきたいと思います。柔軟な思考、豊かな感性を持つ若い世代の皆様のご参加をお待ちしております。

〈お申込み・お問い合わせは〉
出羽三山「生まれかわりの旅」推進協議会(事務局:山形県教育庁文化財・生涯学習課)
TEL:023-630-3342  FAX:023-630-2874
E-mail:ybunkazai@pref.yamagata.jp まで

当ホームページにおいてはこれからも、出羽三山精進料理プロジェクトの活動についての情報発信をしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年11月15日 (水)

松の勧進はじまる

Simg_5710

今日11月15日より、出羽三山神社の「松の勧進」が始まりました。

これは、大晦日から元旦に掛けて羽黒山山頂で行われる「松例祭」の経費に充てる浄財を集めるために、羽黒山伏達が庄内一円を勧進して回るものです。

Simg_5706

今日は「冬の峰」と呼ばれる100日間の山伏修行の最中にある松聖のお二人(位上・奥井信満、先途・生田清畝)が小聖と呼ばれる山伏を従えて、手向内の末社・摂社をお参りして回りました。

Simg_5700

同時に、松聖の委任を受けた山伏達が家々を回り、お札を渡しながら、浄財を集めていきました。

この松の勧進は、年末まで庄内一円で行われます。

勧進に回る山伏たちの吹き鳴らす法螺の音は「日本の音風景100選」にも選ばれています。

庄内の冬の風物詩、松の勧進の始まりです。

Simg_5698

Simg_5711

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年11月13日 (月)

羽黒第一小学校閉校式

Simg005

11月11日(土)、木枯らしが吹き荒れる中、鶴岡市立羽黒第一小学校の閉校式が開催されました。

明治政府による学制発布を受け、明治7年に「手向学校」として創立して以来、「大東学校」「大東国民学校」等と名称を変えながら144年の歴史を刻んだ小学校も、少子化の流れ中で、来年度より隣の羽黒第二小学校への統合が決まりました。

23517736_415766425505979_8011353472

(写真:齋藤三郎氏撮影)

閉校式では、全校児童と教職員に加え、地域住民や卒業生ら約300人が見守る中、鶴岡市教育庁の加藤忍氏による「閉校宣言」が読み上げられました。集まった人たちは皆、閉校の事実を知っていたにもかかわらず、改めて厳かに宣言されると、複雑な思いに駆られたようです。その後の校歌斉唱では、高らかに歌い上げる児童達とは対照的に、胸いっぱいで声を詰まらせた大人たちが多かったと聞きました。

Simg006 式典のあと、在校児童達によるアトラクション『音でつむぐ感謝の思いと未来への決意』として、児童によるスクールバンドの演奏と合唱などが披露されました。

全校で49名という少人数ながら、スクールバンドの演奏も合唱も、参列者が口々に称えるほどすばらしいものでした。

日頃から児童達はそのほかにも教科の学習のみならず、地域への理解と共感を深め、様々な地域行事に参加し、さらにスポ少にも多くの児童が取り組むなど、小規模校の弊害を感じさせない活躍を続けています。児童達の歌声には、今後もきっと力強く活躍していきそうな予感が満ち溢れていました。

Simg008 その後、校庭に移動し「記念碑」の除幕式が行われました。

「大東学校記」「校歌碑」と並び、末永く地域と住民の行く末を見守ってくれることでしょう。

引き続き、体育館に戻り「思い出を語る会」の開会です。

遠方からの多数の参加者を含め、約200人の老若男女が酒を酌み交わし、母校の思い出はもちろん、未来への希望を語り合いました。

この日、母校の校歌を歌い、児童たちの姿を見つめ、思い出や希望を語り合う中で、「大東」や「手向」についての思いを新たにしたのは私だけではなかったと思います。

「閉校式」を単に学校の幕引きに終わらせず、地域の未来と真剣に向き合うきっかけとしなければならない、そんなことを感じました。

「閉校式典」、「語る会」の開催にあたりご尽力くださった皆々様に心より感謝申し上げます。

Simg009_4

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

2017年10月24日 (火)

月山は冬じまい

S

昨日10月22日の西川町姥沢の「月山ペアリフト」の終了に続き、本日10月23日午後3時をもって、羽黒山方面から月山八合目駐車場にいたる県道月山公園線(通称「月山道路」)が冬季閉鎖になりました。

これで月山は冬じまいです。

なお、県道月山公園線の通行再開は、例年6月下旬です。

わかり次第、こちらのページでも告知いたします。

Cimg1477_2

人気ブログランキング←クリックのご協力をお願いします。

最近のトラックバック