« 出羽三山精進料理「藍染のぼり」制作 | メイン | 『鶴岡・食の国際映画祭と食のフェスタ』に出店します! »

2012年10月 4日 (木)

シソの実

CIMG2482

夏の間、つぎつぎに葉っぱを提供してくれた青しそも、たくさんの実を結ぶ時期になりました。

そのままにしておけば種がこぼれ、来年、新たな芽を出すことでしょうが、多聞館ではこのシソの実を収穫して、食材として用います。

CIMG2497

シソの枝から指先で実をしごきとる作業を、この地方では「こぐ」といいます。「シソの実こぎ」はこの時期ならではの作業です。

多聞館でも、先日、家族そろって「シソの実こぎ」を行いました。

指先を黒く染めながらの気の長い作業に、指先は真っ黒に染まりました。

CIMG2494
 

こうして収穫したシソの実は、シソ独特の香りと、プチプチした食感が特徴で、多聞館では塩漬けにしたり、佃煮にしたりして使います。

CIMG2499

今回は全部、佃煮にしました。

CIMG2527 


これからの秋の時期は、野菜やきのこ等を扱い、手が黒く染まることが多くなりますcoldsweats01

 

人気ブログランキング ←〈ポチッ〉とクリックのご協力をお願いします。

多聞館ホームページ トップへ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック